ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< REICO繋がりで | main | デビュー30周年記念リサイタル >>
2012.11.05 Monday

こそっとな

生活が変わったこともあり、
本当に音楽漬け生活から遠ざかった私。

でも、たまーにはチェックしてたりするのよ。(笑)


えぇ、勿論、りんださんとかね。(笑)

書きたい事、いっぱいあったりしたんだけど、
書くタイミングを失うとダメね、自分の思いを伝える言葉が浮かんでこなくて。

今日は本当に久し振りに自分の時間がぽっかりと出来たもんだから、
ちょいとPCに向かって言葉でも綴ってみようかなと・・・

いやいや、本当は某所に寄稿しなくちゃならんでね、
ジャンケンで負けたから・・・なんて失礼なことは相手様には言えないが、
ちょっとした冊子に寄稿せねばならんので、そのウォーミングアップも兼ねて
ちょいと自分の言葉を綴ってみようかと。(笑)

うむ。 
白状しよう。

実は週末に仙台に出向こうかと思っていたりした。

友達から連絡を貰ったから。
どうもケン坊が歌を歌うらしいぞ。と。

しかし、行こうかと思っていたりする時に限って
ちょっとしたパーティへのご招待を受けちゃったりする。
大事な買い物をしなくちゃならなくなったりもする。

結果、仙台には行けず。
そんでもって懐からは仙台にいく予算の十倍以上のお金が飛んでった。(涙)

で。


多分、まだケン坊とは会う時期じゃないのかもしれない。


そんな風に思ったりした。
本当に会う時・会える時は、タイミング的にも追い風が吹くものだと思うから。

ケン坊はケン坊なりに自分の生活をおくり始めているみたいで、
今は青森あたりで1年ほど仕事をするよーな事もつぶやいておった。

あ、近年のものなんだろうな。
ケン坊が歌っている姿の動画かYouTubeにもアップされておった。

声、だいぶ戻ったんだな。

そんな感想を持ったよ。
それ以上は、何とも言えない気持ちにもなった。


逃げだしやがってバカヤロー


とかね。

りんだメンバーには、それぞれの場所で幸せに暮してもらいたいと願いつつも、
いつかどこかで気づいて欲しいなと思ったりもする。色んなこと。色んな人達のこと。
耳の痛い話としてじゃなく、胸の痛みとしてね。
そして、人として成長っていうか、深みのある人間になって欲しいなと。

ま、ケン坊はこれからも本業の合間を縫って?歌を歌うみたいだから、
会える機会はあるだろう。きっと再会出来るだろう。


ケン坊と初めてあったプラKの時みたいに、またあの歌声でキュンとさせてくれ。


多分、一生忘れないだろうな。
あの夜のライブは。あの時のケン坊の歌声は。


あ、でも、過度の期待は危険だな。
なんてったってケン坊だから。(笑)

コメント
この話題、お待ちしてました。
「ケン坊」さんへの愛が感じられました。
表現は適当ではないかもしれませんが「出来ない息子」に感じるような愛を。

ところで私は当時を知りませんが、健さんの声がでなくなった理由は、
コブクロさんが一時休養となった病気、
「発声時頸部ジストニア」という可能性はなかったのでしょうか? 
診断も難しそうですし、「何故声がでなんだ?」と
健さんが一人悩んでいた可能性は? 
  • パント
  • 2012.11.05 Monday 21:10
パトンさん

コメントありがとうございます。

ケン坊が『声』の件で苦しみ悩んだのは、
りんだになる前のバンドの時もああったようで、
その時もまぁ・・・ 似たような事件をやらかしておったそうです。
(私がケン坊と出会ったのはその事件の後だったので、
当時のことは古くからりんだを知る友人から教えてもらいました。)

なので、ケン坊自身もバンドメンバーも
ケン坊の声・喉についてはある程度の『認識』はあったのではないかと、
私は思っています。

ただ、声に異変が起きた時期はりんだにとって大事な時期だったから、
みんな分かっていても無理を承知で活動していたんだろうな〜とも思っています。

だけど、やはり『声・喉』はボーカルにとっての命ですし、
バンドの大事な財産でもある訳だから、もっと大事にしてもらいたかったなと。
長い目で物事を見るってことをしてもらいたかったなと。

でも・・・
何かある度に逃げ出していたケン坊。
本人を含め、周りにいた人間も何故に学習しないんだと思うのが1番でしょうかね。(苦笑)
  • ねずみ。
  • 2012.11.06 Tuesday 10:19
お返事ありがとうございます。
そうですか、前科があったのですね。
素晴らしい声なのに残念ですね。
私は永井健さんの言葉のお尻がため息のように抜けるところが好きです。
人相手のお仕事のようですし、人間的にも成長してまた歌ってほしいです。
  • パント
  • 2012.11.06 Tuesday 12:14
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album